エンディングノートについてご案内いたします
 
◆エンディングノート
  人間は必ず歳をとり、体も頭も衰えていきます。
そして最後には、死を迎えることになります。
こうしたプロセスを後悔の無いよう過ごすために、「その時考えればいい」「家族に任せる」と目をそらすのではなく、正面で受けとめると同時に、考えたり話し合ったりすることが大切です。
本人の希望がわかっていれば家族も安心して、よりよい決断をしていくことができます。
「エンディングノート」とは、自分の思いを書き綴っておくものです。
◆ノートに書くにあたって
  書き込んだことも、年月が過ぎたら、気持ちが変わるかもしれません。
その場合、前に書き込んだところを赤ペンで線を引き、新たに書き加えて構いません。
変更したところの横には、書き加えた日付を忘れずに書いてください。書き終えたノートは、その意思表示を実現させるために、いざという時にすぐ取り出せるところに置いておいてください。その場所を、家族にも知らせておくと良いでしょう。
記入し終えたノートには、自らの気持ちを確認した上で、日付を記入して、署名をしてください。ノートは遺言書とは違い、法的効力はありません。
 
◆エンディングノートの一部を紹介します
  ★私の人生
出生について
  氏名
生年月日
血液型
出生地
本籍地
 
学生時代
  得意だった科目             苦手だった科目
クラブ活動
小学校:           
中学校: 
高等学校: 
大学・専門学校・各種学校など:
 
仕事の記録
  これまでの就いてきた職業をお書きください
 
 
これまで勤めてきた会社名をお書きください(部課名も記入)
 
 
両親について
  父親の名前
出身地
 
母親の名前
出身地
 
兄弟について
  名前
生年月日
現在の住所

名前
生年月日
現在の住所
 
名前
生年月日
現在の住所
 
配偶者について
  配偶者の名前
結婚記念日
出身地
 
子供について
  第1子 
氏名                生年月日
 
第2子 
氏名                生年月日
 
第3子 
氏名                生年月日
 
現在の私
  趣味は何ですか?
 
どんな音楽が好きですか?(曲名や作曲者、歌手名なども分かればお書きください)
 
何かスポーツはしていますか?
 
これからやってみたいことを書いてください
 
 
  ★私のお葬式
自分のお葬式の規模?
  □盛大に  □標準的に  □近親者のみで
 
ご家族はどんな希望をもっていますか?
□盛大に  □標準的に  □近親者のみで
 
どんな宗教でお葬式を行いますか?
  □仏教で  宗派・寺院名
□神式で  神社名
□キリスト教で  教会名
□その他
 
遺影の写真について
  □遺影に使ってほしい写真がある    保管場所:  
□これから準備したい
□遺影写真は家族にまかせる
 
お葬式の形式や演出などについて希望はありますか?
  □一般的なお葬式でよい
□祭壇にたくさんの花を飾ってほしい  飾ってほしい花:
□好きな音楽を流してほしい      曲名:
□その他 具体的に
 
弔辞(ちょうじ)を読んでもらいたい人はいますか?
  名前
連絡先
 
 
 
PDF閲覧はこちらを ↑
■■ ひかり葬祭センター ■■
〒023-1102 岩手県奥州市江刺区八日町1-1-25 ホテルニュー江刺新館イーズ内 TEL:0120-351-1997 FAX:0197-35-6696